サービス 取得の極意

ISO27001 取得・事前の確認

ISO27001 取得・活動開始

ISO27001 認証取得後

ISO27001 コラム

会社概要

ISO27001取得の極意

ISO27001/ISMS取得の意義

最近では、インターネットの普及に伴い、情報を保護することが企業にとっては必要不可欠になってきています。

インターネットが普及する前までは、ハッカーにより、ハッキングをされたとても、大量に情報が漏れたりすることはありませんでしたので、それほ ど、企業や消費者にとってリスクが高くはありませんでした。

ところが、最近は、インターネット経由でハッキングをされてしまうことで、一度に大量の顧客情報が漏れたり、奪われてしまうことが非常に増えてお ります。

数万件、数十万件を超える個人情報が漏洩してしまうと、企業にとっては、信用の失墜や多額の賠償などをしなければならず、企業経営を脅かすような 大打撃になってしまう場合もあります。

そのような顧客情報や企業の大切な情報を守るためにも、企業は、社内の情報保護体制を整備することが求められています。

より強固な情報保護体制を作るには、最も効率が良い方法として、ISO27001/ISMSがあります。

ISO27001/ISMSの規格に基づいて、社内に情報保護体制をつくり上げることで、ハッキングなどによる情報漏えい事故を未然に防ぐことが でき、リスクを大幅に削減できます。

情報保護が企業経営に必須な社会だからこそ、顧客情報を大量に持っている企業は、
ISO27001/ISMSの取得が必須であると考えても良いでしょう。

もし、、、

あなたの会社では、顧客情報が万単位であるような業種であれば、今すぐにでも情報保護を徹底するためにも、できれば、ISO27001/ISMSのような強固な情報保護体制を作ると良いでしょう。
(ISO27001/ISMSが無理ならば、プライバシーマーク取得でも可)